ニキビは誰にもでもできてしまうトラブルの一つで、何歳になってもストレスや生活習慣の乱れによって意外と簡単にできてしまうものです。
特別なケアをしないという方も多いですが、中には顔など目立つ場所にできてしまう事で自信を無くしてしまうという方もいます。
加えてニキビは治ったとしても跡が残る事もありますので、やはり正しいケア方法が必要になってきます。
ここでは、そんな厄介なニキビ跡の消し方についてお伝えしていきます。
またニキビと言えば思春期ですが、なぜ思春期になるとニキビが出来やすくなるのか、また一度できてしまうと中々治すことのできないニキビに対して有効性の高い治療薬についてもお伝えしていきます。
思春期の方はもちろん、綺麗になりたい女性の大人でニキビに悩まされている方は是非参考にしてください。

ニキビ跡の消し方

ニキビ跡に悩む女性 ニキビができてしまうと、それ自体も非常に気になるものですが、ニキビと同様に気になってしまうのがニキビが治った場所に残るニキビ跡ではないでしょうか。
また、よくできる場所としては顔が最もできやす場所ですので、やはり目立つ場所という事もありニキビ跡が残る事が気になるという方は多いでしょう。
加えて、新しくできてしまったニキビを治すよりもニキビ跡を消す方が難しいと考える方も少なくないですが、実は薬局で手に入る薬の中にも厄介な跡を消すことができるものが発売されているのです。
まずニキビ跡の効果的な消し方ですが、これは外用薬と内服薬の2種類があり、それぞれ体の外側から改善をサポートするものと、体の中から改善をサポートするものの2つに分けることができます。

そもそもニキビ跡はシミやそばかすなどと同様に、メラニン色素が過剰に発生することで起こりますので、これらの薬にはメラニン色素の発生を抑える特徴があります。
まず外用薬では顔に塗る事ができるものと、そうではないものがありますので、顔に塗る場合には塗った場所の新陳代謝を高めてくれるビタミンEが配合されているものが効果的です。
また医薬部外品であれば色素沈着を還元してくれる特徴を持つビタミンC誘導体が配合されているものも効果的でしょう。
次に内服薬ですが、同じく色素沈着を抑制してくれる効果があるのがビタミンCやL-システイン、ビタミンE、ビタミンB群などが配合された内服薬が効果的で、中でもビタミンCとL-システインには3つの特徴があります。
ニキビ跡やシミは薬で消すことができるのだと覚えておきましょう。

  1. メラニン色素の発生を抑える作用
  2. シミや色素沈着による黒ずみを無色化する作用
  3. 新進代謝を高める作用

これら3つの作用が効果的にニキビ跡を消すサポートをしてくれます。

ちなみに外用薬と内服薬はどちらか一つだけを使用しても良いですし、外用薬と内服薬の両方を併用して使用するのも良いでしょう。
根気がいります!ニキビがよくできる場所は顔が最も多いので、やはり1日でも早く治したいと考えるものです。しかし、確かにニキビを治したり治った後のニキビ跡の消し方はありますが、どんなに効果的な消し方であっても即効性がある方法ではありません。
というのも、ニキビ跡はメラニン色素の発生によって起こるものですので、綺麗に消そうと思うと細胞の生まれ変わりを待つ必要があります。
その細胞の生まれ変わりをターンオーバーと呼びますが、このターンオーバーは1日や2日で起こるものではなくある程度の日数が必要になります。

一般的なターンオーバーは約1ヶ月程度かかると言われています。その為、どんなに効果的な消し方を活用したとしても、最低でも1ヶ月程度は跡が消えるまでにかかると思った方が良いでしょう。
また、このターンオーバーは年齢が上がるにつれて周期も遅くなると言われていて、30代までは30日程度ですが、40代になると40日程度かかるようになると言われています。その為、年齢が高ければ高いほど消すためには根気がいるという事です。
もちろん1ヶ月というのは最短での話で、1回のターンオーバーで綺麗に消えるとは限りませんので、複数回のターンオーバーを繰り返して少しずつ消えていくものと考えてください。
ですので、跡が強く残っている場合や新陳代謝が悪いと完全に消えるまでに半年や1年程度の期間が必要になる事もあります。
そのターンオーバーを促進させるトレチノインという成分があります。
特に重症化しているニキビに対してはトレチノインが非常に効果的なのでニキビに悩んでいる方は是非使用を検討してみてください。

また効果的な薬についてご紹介しましたが、これらの薬もあくまで新陳代謝を高める事でターンオーバーの際の治癒力を高めるだけにすぎません。
ですので、治療をするというよりも自然治癒力を高めて治りを早くするサポートの役割を担っているのだという事を忘れないようにしてください。
だからと言って何もしないでいると、いつまでも跡が消えなくなる恐れがありますので、すぐに効果が出ないからと言ってあきらめるのではなく、根気強く治療を行うようにしてください。

ニキビはなぜ思春期にできやすいか

ストレスを受ける女性 ニキビがよくできると言えば思春期ですが、そもそもなぜ思春期になるとニキビがよくできるのでしょうか、そのメカニズムについてお伝えしていきます。
思春期にはホルモンの分泌量が活発になりますが、それは体が大人の体へと成長する過程で欠かすことのできない働きとなります。しかし、そのホルモンの分泌が過剰になると皮脂腺の機能も活性化して皮脂の分泌量が増加してしまいます。すると毛穴に皮脂が詰まり、さらには毛穴にアクネ菌が入り込み皮脂を分解して遊離脂肪酸を作りニキビとなります。
加えて思春期になると、今までには感じたことのないストレスを感じるようになり、そんなストレスによってもニキビが増えてしまうと考えられています。では、思春期になると感じ始めるストレスとはどのようなことがあるのでしょうか見ていきましょう。
まず思春期の時期は大体中学生ぐらいが多くなりますが、中学生になると小学生のような無邪気に付き合える人間関係ではなく、部活では先輩がいて上下関係を初めて体験したり、友達同士であっても小学生の時よりも複雑になっていきます。
さらには勉強内容も難しくなり、中学生の後半になれば高校受験も控えてきますので、そのような状況下に置かれた子供たちは、今までに感じたことのないようなストレスや不安感、プレッシャーによってニキビができやすくなってしまいます。
また10代というのは、どうしても夜更かしをして友達と遊びたかったり、食べ物もお菓子や甘いもの、ジャンクフードなどを中心とした食生活をしてしまいがちで、それもまた思春期にニキビがよくできる理由の一つでもあります。
このように大人の体に変化する過程で起こるホルモンの分泌に加えて、人間関係や環境も少しずつ大人になっていく過程で生まれるストレスによって思春期にはニキビがよくできるという事が起こります。

初めての恋愛でストレスニキビ

思春期になるとホルモンの分泌が過剰になる事に加えて、複雑になる人間関係や受験勉強などのストレスもかかる事からニキビができやすいとお伝えしましたが、実はそれ以外にも思春期ニキビができやすくなる ストレスの要因があることをご存知でしょうか。
中学生ぐらいになると本格的な恋愛をする人が増えてきますが、実はその恋愛がニキビを増やしてしまう原因の一つになってしまう事があります。
そもそも恋愛は最も複雑な人間関係の一つでもありますので、今まで恋愛をしたことがない中学生にとっては未知の世界になります。その為、幸せと感じながらも同時に強いストレスを感じてしまうもので、それがニキビとなって現れてしまう事がよくあります。
またニキビは顔にできやすい特徴があるので、恋愛においては大敵になりやすい要因の一つでもあります。特に若い時にはニキビがあるだけでも過剰に気になってしまって自信が持てなくなり、さらにストレスを増やすという悪循環を生み出す恐れがあります。
加えて好きな人に見られたくないという思いから潰してしまったり、頻繁に触るなどしてしまいます。しかし、これも清潔に保たなければならないニキビにとっては逆効果でさらに症状が悪化してしまう原因の一つです。
中には好きな人に見られたくないという思いから、髪の毛を伸ばして隠そうとする人もいますが、これも手で触るのと同様に清潔感を保つためには逆効果になりますので、治るどころか今までよりも数を増やしてしまう可能性があります。
このように思春期のタイミングでニキビができやすくなる理由の一つとして、恋愛は深く関わっている要因ですが、かといって恋愛をしないようにすることはできません。
ですので、大切なことは過剰に気にしすぎて顔を手で触ったり、ニキビを潰したり髪の毛で隠すなどの対処はせず、しっかりと正しい方法で対処するようにしてください。

顔を清潔にするにはミノサイクリン

洗顔する女性ニキビの治療薬としては外用薬と内服薬の2種類がありますが、症状が酷い場合にはやはり内服薬を使用した方が効果的に治療を進めることができますが、数ある治療薬の中でも特に顔の清潔を保つためにはミノサイクリンが効果的です。
では、厄介なニキビを治すために効果的なミノサイクリンとはどのような薬なのでしょうか見ていきましょう。
まずミノサイクリンとは抗生物質ですので、いわゆる抗菌作用や抗生剤としての役割を担っています。その為、ニキビの原因でもあるアクネ菌を殺菌して顔を清潔に保つ特徴がある内服薬となっています。
それでは、そんなミノサイクリンのより具体的な特徴について見ていきましょう。ミノサイクリンは別名ミノマイシンとも呼ばれる治療薬で、日本でも有名なアメリカの製薬会社であるファイザー社が製造している薬になります。
そもそもニキビは毛穴の内部で細菌が繁殖して炎症が起こる事が原因で、炎症が長引くことで毛穴の内部には膿が溜まってしまいさらに悪化させてしまいますが、そんなニキビに対してミノサイクリンの細菌の繁殖を防ぐ殺菌作用と、炎症や化膿を改善する静菌作用によって顔を清潔な状態に改善してくれます。
ミノサイクリンの最大の特徴は症状の重いニキビに対しても高い効果を発揮するという事ですが、それだけ強い効果があるという事は、気になるのが副作用ではないでしょうか。
確かにミノサイクリンには副作用の報告もされていますので、服用には細心の注意が必要です。
具体的な副作用としては腹痛や下痢などの症状が現れることが多いです。そもそも抗生物質を含む薬には腹痛や下痢はよく見られる副作用ですので、同じく抗生物質であるミノサイクリンにも腹痛や下痢の症状が現れるケースが多いようです。
また胃が荒れてしまったり、食欲不振になる事もあるようで、他にもめまいや頭痛などを引き起こす可能性があります。中には発心やじんましんなどのアレルギー症状が出る人もいるようですので、副作用が出た際には医師の診察を受けるようにしてください。

併用禁忌について

ミノサイクリンは症状の強いニキビであっても高い治療効果を誇っていますが、それだけ強い薬するである為に併用を避けた方が良い薬や成分がありますのでお伝えしていきます。
まずミノサイクリンを飲む際にはアルミニウムやマグネシウムカルシウムなどのミネラルが含まれる薬や食品との併用に注意が必要です。というのも、アルミニウムやマグネシウム、カルシウムといった成分と一緒にミノサイクリンを摂取すると吸収が悪くなる恐れがあります。特に乳製品やナッツ類にはカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれている為、ミノサイクリンの服用の前後に2時間以内はこれらの食材は避けるようにしてください。
また一部の胃薬でも同様の作用が起こる可能性がありますので注意が必要ですので、常用している薬がある場合には、必ず医師や薬剤師の方に相談してから服用を開始してください。
上記でお伝えした薬や成分に関しては、吸収が悪くなり薬の効き目が落ちるものですが、今度は反対に作用を強めてしまう飲み合わせについてお伝えしていきます。
その薬とは抗凝血薬のワルファリンや強心薬のジゴキシン、リウマチの薬であるメトトレキサート、血糖値降下薬などの薬で、薬の作用を強くする恐れがありますので注意してください。またビタミンAや、それに類似した薬との併用によっても頭蓋内圧上昇を引き起こす恐れがあります。
そして子供に与えるのも駄目で、子供の歯のカルシウムと結合してしまい歯を黄色く変色させてしまう事があります。同じ理由から妊娠中期以降の使用も避けた方が良く、その時期に使用すると生まれてくる赤ちゃんの歯まで黄色く変色してしまいます。
このようにミノサイクリンは高い治療効果がありますが、それゆえに他の薬や成分と相性が悪いこともあります。服用する際には必ず医師や薬剤師に相談してから使用してください。

ニキビ関連のお勧め記事

  • ニキビと睡眠不足の関係

    睡眠不足が続くと様々な体調の不調があらわれますが、その一つに肌のコンディションの低下があげられます。実際に睡眠不足が続くことで、肌がざらつい...続きを読む

  • 男ニキビの対処法

    男ニキビが気になる方は、適切な対処方法を利用する事で治療をしていく事ができます。対処方法の中で重要なポイントになるのが、洗顔料の選び方と使い...続きを読む

  • ニキビが出来ない食生活

    ニキビが出来るか出来ないかは様々な要因が絡んでいますが、中でも特に重要になってくるのは食生活になります。食生活とは、つまりどのような食べ物を...続きを読む

  • ハイドロキノンで色白素肌を作ろう!

    ハイドロキノンは、皮膚科などで美白の薬として出来てしまったシミを薄くする目的で使われています。 濃度の高いものは、効き目も高いのですが皮膚...続きを読む