ニキビがよくできる場所が黒ずんでしまったなら

投稿日:2017.07.24

ニキビができた後の黒ずみ 大人ニキビは一度治ってもまたできてしまうことが少なくありません。繰り返しできるニキビを観察してみると、同じような場所に再発しているケースも多く、その箇所の皮膚を他の場所と比べるとコンディションが低下していることも多々あります。
よくできる場所はだいたい決まっていて、おでこや鼻周辺、顎部分にもよく現れます。これらの場所は、皮脂の分泌量が多かったり毛穴が詰まりやすかったりとリスクが高くなっている部分です。

ニキビがよくできる場所は黒ずみが目立つようになります。これは、ニキビができると炎症が引き起こされることも多く、通常よりもデリケートになりますが、その場合には人に元々備わっている防御反応が働いてメラニン色素をたくさん生成して皮膚を守ろうとします。悪者にされがちなメラニン色素ですが、皮膚を守るという意味では重要な働きをしていますので、人の体にとってなくてはならないものです。
メラニン色素は必要なものではありますが、その量が多過ぎると排出とのバランスが崩れて黒ずみができてしまいます。ニキビが何度も再発しているような場所はたえずメラニン色素が増えているような状態ですので、黒ずみはできやすい環境になっています。
特にターンオーバーが遅れがちの人は長い間メラニン色素を留めてしまいますので段々とくすんできます。
黒ずみができてしまったら、美白対策を行うことで少しずつ解消されます。メラニン色素が原因ですから、そのメラニン色素を抱えている細胞がどんどん排出されてしまえば改善されますので、ターンオーバーの働きを利用するのが現実的です。

また、黒ずみは一度できてしまうとなかなか改善させることができませんので、ニキビができる前に予防の段階で力を入れることも忘れてはいけません。黒ずみ予防を行う場合に、まず最初に考えなければならないのが、現在できている黒ずみの原因にもなっているニキビに対しての対策です。再発を繰り返せばリスクは高まります。

ニキビをもう再発させないために

ニキビを再発させないためにできることとして、毎日行っている洗顔を見直す方法があります。洗顔剤を見直したり洗い方を変えるだけでコンディションはかなり改善されますので、正しい洗顔をマスターする必要があります。
些細なことではありますが、毎日行うものですので、コツコツと続けると変化を実感できます。
洗顔剤で大事なのは皮脂を奪い過ぎないこと、刺激の少ない成分であることです。皮脂はニキビにとって天敵だと思われることも多いのですが、奪い過ぎると乾燥が引き起こされて、過度な乾燥状態になると逆に皮脂の分泌量は増えていまします。
また、乾燥すると外的刺激に敏感になりますので、よりデリケートな状態になってしまいます。
本来持っている自然な働きや力を回復させるためには刺激の少ない成分で作られているものを選ぶことも重要であり、毎日負担をかけずに優しく洗うことで段々と刺激に負けない状態が作られていきます。

次に洗い方ですが、毛穴の奥にもぐっている皮脂や汚れを取り除かなければ根本的な解決には至りませんので、泡洗顔を行うようにします。泡洗顔を行う場合でも、泡立てネットがあればそれまで使っていた洗顔剤をそのまま使うことができます。
キメの細かな泡を作ることで自然に毛穴の奥深くにある皮脂などを吸着することができますので、クリーンな毛穴にすることが可能です。
洗った後は保湿を行わなければなりません。水分量を増やすことでバランスが改善され、細胞の働きも活性化されます。このように、利用する洗顔剤について詳しく調べ、それを使って正しく洗うことができれば、もうニキビを再発させないようにすることができます。単発のものより再発するニキビの方が心配です。